2006年7月19日 (水)

アクセスアップSEO対策にオートリンクネット 紹介用リンク 貼り付け手順

オートリンクネットとは、リンクの輪が繋がって被リンクが自動的に増えていくサイト運営者必見のSEO対策、アクセスアップ方法です。詳しくは下記バナーから訪問してご確認下さい。

記事内に紹介用リンクのみを貼る場合

比較的簡単ですので、記事内での掲載はこちらを推奨します。必ずサイドバーやブログの説明欄に指定されたリンク、つまり、オートリンクトップへのリンク、紹介用IDが付与されたリンク、紹介者のリンク[PR]を設置してください。記事が押し出された場合に規約違反となります。

仮登録メールに記載されたあなたの紹介用URLを使って、例えば次のタグをコピーしてHTMLの編集画面に貼り付けます(user=moonlightの部分はあなたのuser名に変更するのをお忘れなく)。この際、イメージファイルはイメージタグ貼り付けと同様にアップロードしておきます。

<a href="http://www.automatic-link.net/regist.php?user=moonlight"><img src="autolink_l.gif"></a>

src="autolink_l.gif"の部分を、私の場合は、src="http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l.gif"に変更します。

<a href="http://www.automatic-link.net/regist.php?user=moonlight"><img src="http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l.gif"></a>

【注意事項】
記事内にだけリンクを張るのはお勧めしません。記事が増えるにつれ、後ろに押し出されてしまって、リンクタグが登録サイトのトップページからなくなってしまいます。この場合、規約違反となり、タグがなくなったときに自動的に保留状態になってしまいます。タグが押し出されることがないサイドバーなどにテキストリンクタグの併用をして下さい。ざっと見た感じではココログの場合、デフォルトではサイドバーにリンクなどを設置できないようですね。今回は、ブログのサブタイトルにテキストリンクを追加しました。設定、基本、ブログのサブタイトル内にテキストリンクタグを貼り付けます。

マイリストを使うとリンクをサイドバーに設置出来るようです。左のサイドバーに設置してみました。これでもOKです。

アクセスアップSEO対策にオートリンクネット イメージタグ貼り付け手順

オートリンクネットとは、リンクの輪が繋がって被リンクが自動的に増えていくサイト運営者必見のSEO対策、アクセスアップ方法です。詳しくは下記バナーから訪問してご確認下さい。

ここでは、ココログへのバナー貼り付け手順を解説しています

ダウンロードしたイメージファイルを解凍し、コントロールパネルのファイルからすべてのイメージファイルをアップロードします。アップロードされたファイルは、私の例では次のようなアドレスになります。

http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l.gif
http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l_r1_c1.gif
http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l_r1_c2.gif
http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l_r1_c3.gif
http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l_r2_c3.gif
http://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l_r3_c3.gif

仮登録時送付メールに記載されたイメージタグの<--オートリンクネットSTART-->から<!--オートリンクネットEND-->の部分をHTML編集画面でコピーして貼り付けます。そして、<img src="ここ">のsrc属性を上記のアドレスに変更します。私のの場合、autolink_l.gif であれば、その前に、http://autolink.cocolog-nifty.com/を追加してhttp://autolink.cocolog-nifty.com/autolink_l.gif
とすればいいでしょう。あなたのURLに合わせてすべてのsrcの部分を変更してください。

無料アクセスアップ:オートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら SEO対策検索エンジン

記事内にだけリンクを張るのはお勧めしません。記事が増えるにつれ、後ろに押し出されてしまって、リンクタグが登録サイトのトップページからなくなってしまいます。この場合、規約違反となり、タグがなくなったときに自動的に保留状態になってしまいます。押し出されない位置にテキストリンクなどを併用しましょう。

その他のカテゴリー